頭皮できものニキビ原因:食事

ニキビは顔に出来るものというイメージが強いですが、時には頭皮に出来ることもあり、髪を洗う最中に傷つけて化膿するなど、出来ると何かと厄介です。
頭皮のニキビは小さい傷などに雑菌が侵入し、頭皮から分泌される皮脂によって雑菌が繁殖することで発生することが多いのですが、頭皮に機微を予防するにはどんな食事を取ればよいのでしょうか。

 

肉を控えて脂肪を減らす

頭皮から皮脂が出る理由は、頭皮を保護し、皮膚の水分を保持することにありますが、脂肪分の多い食事を取りすぎると、過剰に皮脂が分泌されるようになり、ニキビなどの原因につながるといいます。
そのため普段から脂肪分を取り過ぎない食生活を避けると、自然と皮脂の量も減り、ニキビになりにくくなります。
特に肉類は脂肪分が多いので、適量を守って魚なども食べるようにすることが大切です。

 

野菜を取って健康的に

頭皮の皮脂を減らしたいときは野菜を食べるのが一番です。
野菜を毎日食べることで体内の脂肪の分解がよりスムーズに進むようになり、皮脂の分泌量も適量に近づけることが出来ます。

 

さらに野菜に含まれる様々な栄養素は、人間の免疫力などにも大きく影響し、ニキビ菌の繁殖を防いでニキビを予防することも出来ます。

 

ニキビに効果のある食材

ニキビを効率よく予防したいときは、ニキビ予防に効果のある食材を積極的に食べるようにしましょう。
例えばパプリカはビタミンCやβカロテン画豊富に含まれており、皮脂の分泌量を抑えることが出来ますし、鶏皮などに含まれるコラーゲンは保湿効果を高めたり、代謝機能を向上させる効果があります。

 

他にも納豆やレバーなど、様々な食材にニキビが防止できるので、色々な食材の組み合わせて、秋の来ないメニューを考えてみてください。

 

食事はどのように気をつけるべきか?

頭皮にニキビが出来る原因の一つとして、皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まり、アクネ菌が繁殖してしまう事です。
人の体の頭皮は毛穴が多く、皮脂が過剰分泌されやすいので、食事によって皮脂を抑える事も大切です。
食事での改善方法として、皮脂の分泌の原因となる「脂っこい食べ物」を控えるのが良いでしょう。

 

例としては「揚げ物」「チョコレート」「インスタントラーメン」などの、脂や糖分が多いもの、そして加工食品を控えるのも良いです。
そして血液がさらさらになりやすく、皮脂も分泌しづらい魚類や野菜、ナッツ類の食材を食べるようにすると、頭皮のニキビの改善に期待出来るでしょう。

 

睡眠時間はどれくらいとるべきか?

睡眠時間と頭皮のニキビは関係深い存在です。
睡眠不足になると、皮脂のニキビが治りづらくなってしまうほか、皮脂が過剰分泌される原因となり、頭皮ニキビが出来やすくなってしまいます。

 

頭皮の肌の一部でありますので、適切な睡眠時間を確保するのと、頭皮に良い時間帯に睡眠をとる事が大切です。
肌のゴールデンタイムは22時から2時の間と言われています。

 

この時間帯は成長ホルモンが分泌されやすく、皮膚細胞で新しい細胞が作られ、代謝が良くなります。
なので、この時間帯には睡眠が取れるように、22時くらいには睡眠につき、さらに最低でも6時間ほどの睡眠時間を確保するのが良いでしょう。

 

 

にきびの予防は毎日の栄養バランスの取れた食事で行うことが出来ます。
ニキビ防止につながる料理を食べ続ければ、自然と健康な身体を手に入れることが出来るので、日々の食事に気を配り、健康な頭皮を守りましょう。