頭皮のできものは、ホルモンと関係あるの?

頭皮のできものが頻繁に出来て悩んでいる方も多いと思います。
どうして繰り返し繰り返し起こるのだろう…もしかして何かの病気かもしれない。
そんな不安もよぎるのではないでしょうか。

 

繰り返し起こる頭皮のできもの…その原因はホルモンにあるのかもしれません。
体内ホルモンはちょっとしたことで大きく変化してしまいます。
次の様な症状で思い当たることはありませんか?

 

生理前・生理中

女性の場合、生理になる前には体調を崩す人がいます。
これは体内ホルモンが急激に変化するためで、肌荒れ・気分が落ち込む・吹き出物が出来るなどの不快な症状を引き起こします。

 

ストレスを感じている

ストレスと頭皮環境に関連があるということも分かって来ました。
ストレスを感じると体内のホルモンも乱れてしまうため、新陳代謝が上手に進まなくなってしまうのです。

 

睡眠不足

睡眠不足は健康にとって必要不可欠なものです。
それは頭皮にとっても同じことで、代謝を促すことで頭皮も健康を取り戻します。
睡眠不足が続いている方はホルモンの働きが鈍ってしまうので頭皮環境も悪化してしまいます。

 

ホルモンバランスが崩れると、どのような症状が起こるのでしょうか。
具体的には次の様な症状が起こります。

  • 皮脂のコントロールが上手に出来なくなる
  • 新陳代謝がスムーズに進まず、古い角質が溜まってしまう
  • 血流が悪くなって不健康な頭皮環境になる

 

このような状態に陥ると、頭皮にできものが出来やすくなってしまうのです。
このような状態を避けるためには、ストレス・睡眠不足を避ける、生理前・生理中は栄養をしっかり摂るなどの対策を行ってホルモンの乱れを起こさないように心掛けましょう。

 

このように、繰り返す頭皮のできものとホルモンの変化に大きな関係性があることがわかりました。
原因を特定することで、繰り返す頭皮のできものを避けることが可能です。
悩んでいる方は、是非1度生活を見直してみて下さい。